コラム

「ダブルファントムトレード」10回中10回は勝てる投資法

貴方は投資と言われると「毎日パソコンの前に張り付いて常に相場と向き合っていないと利益は出せないのだろう」と思っているかもしれませんが、私の聞いたある投資は、一ケ月にたった数回の取引で、毎月数百万円という利益を叩き出しています。

しかもその人の投資の方法は10回中9回は勝てるという驚異の勝率を誇っているんです。

1回(1枚)の売買での平均利益は+44,160円で、平均損失額が-17,000円となるそうなのですが、これってめちゃくちゃすばらしい数字なんです。

だって、もし、貴方が2度続けて負けたとしてもたった1回の勝ちで簡単に取り返せるということですから。

そして、勝率90%以上ですから、負けるわけがないんですね。

さらに驚嘆することはこの売買は一日に5分程度、相場をチェックするだけだそうです。

この作業は貴方のパソコンでもスマートフォンでもできるためWEBがつながる状況であればどこでもやることができます。

このトレードを行うに当たって貴方に不可欠なことはそれだけなのです。

ネット上でもとても話題になっているためあなたも聞いたことがあるかもしれませんが、多くのユーザーが毎日利益を出している証明が載っているサイトこちらです。

日経225ミニ爆益トレードDVD教材「ダブルファントムトレード」

コラム

「トレンド・ディスカバリーFX」たった1日で+189pips獲得!こんなことってある?

業界で話題沸騰のプロジェクト「トレンド・ディスカバリーFX」ですが、7月31日(月)25時59分で募集を締め切ります。

急いでくださいね。

このプロジェクトは、プロフェッショナルのFXトレーダーでも「困難だ」と言われていた相場の未来予測を理論にしたものです。

まったく知識なしの状況から始めても、勝率80-90%、月利100%という程度の成果を目指せる「未来予測ロジック」です。

すでに、この理論を実践した方は、「3回のトレードで、18万円の利益でした!」。

「勝ちやすい場面を瞬時に見抜く相場の環境認識がすごい!100pips超えは快感ですね」。

「これは絶対勝率高いですね。

いま5連勝中です」。

といった効果を出しています。

トレンド・ディスカバリーFX

コラム

ビジネス&投資の世界トップランカーが教える「生涯にわたって稼げる確かな方法」

世界基準での「ビジネス」と「トレード」をマスターした唯一無二の男が満を持して公開する再現性MAXの【資産1億円の作り方】とは?。

*この特別な情報は、ごく一部の人間だけに紹介が許された一般には出回っていない希少性の高い情報です。

サイト公開も僅かに数日、この秘密の設計図を間違いなく手に入れておきたい方は、今すぐご登録を。

『平均的な会社員でも、資産1億円は“狙って”5年で作れる』。

こんな話、普通は信じられないかもしれません。

1億円なんて想像出来ない。



ただ、、小林良治は違うかもしれない。

世界中の誰もが知っている超巨大企業の数々と仕事をしてきたビジネスの世界でも超エリート。

現在、3社のビジネスオーナーとして経営者の顔を持ち、その一方で、投資で多額の資産を作った男。



対談相手は、あの著名な起業コンサルタントである北野哲正氏ですが、最初、怪訝そうな顔をしていた北野氏も唸った「本物の話」がそこにはありました。

もし、あなたが、、。

正しい努力をすれば、誰でも1億円を目標として達成出来る『現実の成功法』を知りたいというのなら、ぜひ確認してみてください。

期間限定での無料公開となっています。

『1億円資産家への「戦略的」お金の設計図』

コラム

ビジネス&投資の世界トップランカーが教える「生涯にわたって稼げる確かな方法」

世界基準での「ビジネス」と「トレード」をマスターした唯一無二の男が満を持して公開する再現性MAXの【資産1億円の作り方】とは?。

*この特別な情報は、ごく一部の人間だけに紹介が許された一般には出回っていない希少性の高い情報です。

サイト公開も僅かに数日、この秘密の設計図を間違いなく手に入れておきたい方は、今すぐご登録を。

『平均的な会社員でも、資産1億円は“狙って”5年で作れる』。

こんな話、普通は信じられないかもしれません。

1億円なんて想像出来ない。



ただ、、小林良治は違うかもしれない。

世界中の誰もが知っている超巨大企業の数々と仕事をしてきたビジネスの世界でも超エリート。

現在、3社のビジネスオーナーとして経営者の顔を持ち、その一方で、投資で多額の資産を作った男。



対談相手は、あの著名な起業コンサルタントである北野哲正氏ですが、最初、怪訝そうな顔をしていた北野氏も唸った「本物の話」がそこにはありました。

もし、あなたが、、。

正しい努力をすれば、誰でも1億円を目標として達成出来る『現実の成功法』を知りたいというのなら、ぜひ確認してみてください。

期間限定での無料公開となっています。

『1億円資産家への「戦略的」お金の設計図』

コラム

FXも恋愛と同じ!? まずはゲームで自己判定

昨年秋からの世界同時株安で、相変わらず人気が高い外国為替証拠金取引(FX)市場。なんと言っても、その人気の秘密は、株取引よりも小額の投資で簡単に始められ、かつ大きな取引もできてしまうということだろう。

ただ、まだまだ5月危機の不安もささやかれている中、日本経済の先行きが見えないと、静観している個人投資家も多いはず。

そんな初心者や静観中の個人投資家に向けたDSソフトが先月末にKONAMIより発売された。ニンテンドーDS用ソフト『外為売買トレーナー カブトレFX』は、FXの醍醐味を再現したボードゲームと、リアルタイムに変動する為替データでFXの仮想取引ができるバーチャルモードを備えたゲーム。

GWは「巣ごもり」決定という人は、この機会にゲームで景気回復のヒントを見つけてみるのもお勧めだ。



http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/game/249237/

初心者は、これから初めてはいかが。


コラム

FXの口座数が1年で約2倍に

 比較的少額の資金からレバレッジをかけて外国通貨を取引できるFX外国為替証拠金取引)。

外為法改正を受けて1998年に登場したばかりの金融商品だが、近年急速に個人投資家の間に浸透しつつある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080808-00000022-zdn_mkt-bus_all

95%の人は、儲かっていないという話を聞きました。

あなたは、どっちですか?



コラム

ソニー銀がFX参入 12日からサービス開始


インターネット専業銀行のソニー銀行は9日、一定の証拠金を担保に外貨売買を行う外国為替証拠金取引(FX)のサービスを12日から始めると発表した。取り扱い通貨は米ドルやユーロ、ポンドなど8通貨で、原則24時間取引が可能。同行に円普通預金口座を持つ20歳以上の顧客が利用できる。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/143731/

これで、FXを始める人が増えるのでしょうか?

損をしないように、十分注意して下さいね。


コラム

どうやってリタイアするか?


こんにちは。


先日、日経新聞を読んでいたら、「いくら貯まったら
リタイアできる?」という記事が載っていました。


記事によると30代−50代の既婚男女に聞いたところ、
最も多かったのは「1億円以上3億円未満」(28%)で、
2位が「5000万円以上1億円未満」(25%)でした。


余裕のあるリタイアには「億円単位ないしそれに近い
お金が必要」と認識されているようです。


興味深かったのはリタイアするための取り組みとして、
「資産運用」など副収入を挙げる人が多かったことです。


「資産運用」は手軽に始められるから、やりたいと思う
人が多いということなのでしょう。


ただ、やみくもに「資産運用」を始めても結果は目に見え
ています。

まずは「資産運用」に対する準備が必要です。


そのためにオススメなのが個人投資家として活躍中の
松下誠さんの無料CD「投資で失敗しない7つの法則」。

成功する前に、まずは失敗しないようにすることが大切だと
私も思うから、投資に興味があればまずは聞いてみて下さい。

http://www.123profit.jp/CD.php?jvcd=5018

追伸:
この無料CDは1000名限定みたいだから、お早めに。

コラム

勝率91%! 2つの数値で毎日3万円をもぎとる日経225


株やFXより投資効率の良い商品をご存じですか?

それは、日経225先物です!

先物と言っても、日本人に一番なじみの深い「日経平均」を投資対象とした商品です。

個別株は、業績悪化でストップ安連続という危険があります。

FXも魅力的ですが、ちょっと円高になれば、あっという間にスワップ益も吹っ飛びます。

やはり、日本人には、日本人に一番なじみの深い「日経平均」が1番です。

このマニュアルでは、ある2つの数値を使って、毎日3万円を相場から稼ぎます。


勝率91%! 2つの数値で毎日3万円をもぎとる日経225




コラム

東証終値306円高

14日の東京株式市場は、前日の米国の株高と円安を追い風に買いが先行し、続伸した。日経平均株価は7日以来、1週間ぶりに1万6100円台を回復した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070914-00000938-san-bus_all






コラム

FXのリスク管理手法

これだけは覚えておきたい。

証拠金以上の損失を防ぐためのシステムが外国為替証拠金取引(FX)の「ロスカット・ルール」です。

しくみをよく理解して上手にリスクをコントロールしましょう。


http://feeds.feedburner.jp/allabout/all?m=9185

コラム

FXのもう1つの収益源、スワップポイント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070713-00000013-jij-brf
外貨預金の利息のように受け取れるのが「外国為替証拠金取引(FX)」のスワップポイント。


日本が超低金利の現在、とても魅力的な水準になっています。


http://feeds.feedburner.jp/allabout/all?m=9184

コラム

相互リンク募集中です。

相互リンクしていただいている皆さんです。

是非、遊びに行って下さいね。



コラム

外国為替証拠金取引@取引の例

取引の例を示す。

(ここでは、簡単にするため金利や手数料は考えず、相場変動だけを考える。)

例:

5000ドルの証拠金を預託すると、10万ドルの取引が可能とする。つまり、証拠金は取引額の5%。

(預託した証拠金よりはるかに大きな取引が可能であることに注意されたい。)

1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買い、その後、1ドル=115円になったとする。 このときの収支は、どうなるであろうか?

1ドルあたり115円-120円=-5円であるから、10万ドルでは50万円の損失である。
また、証拠金は1ドル=120円のときに、5000ドルであるから60万円である。
結局、初めの証拠金の60万円に対して50万円の損失を差し引くと、残るのは10万円だけであり、実に初めの1/6の金額となってしまう。
(実際には、途中で追加の証拠金を求められることがあり、これを追加証拠金(「追証」)という。また、10万ドル全額で取引したというこの例の設定自体も、無謀な取引の例である。)
上記と逆に、その後、1ドル=125円になったという例を考えると、50万円の利益となる。

つまり、初めの証拠金の60万円が110万円となり、実に2倍弱になるわけである。

これが通常の外貨預金であれば、1ドルが5円上下したところで、元金10万ドル(1200万円)に対しての50万円の損失または利益である。一方、外国為替証拠金取引では証拠金5000ドル(60万円)に対しての50万円の損失または利益である。

このようなことを考えると、外国為替証拠金取引が極めてハイリスク・ハイリターンなことが理解できる。

コラム

外国為替証拠金取引@主なリスク

1.外国為替相場の変動
相場の変動がある以上、利益が期待できる反面、損失を受ける場合がある。証拠金の何倍もの取引を行うことができるため、損失が預託した証拠金を超え、さらなる証拠金を請求されることもあり得る。

2.業者に対する信用リスク
業者が倒産すると、預託していた証拠金が戻ることは期待できない。(ただし、自主規制で客から委託された証拠金は自社の資金とは別勘定で信託銀行などで管理するところもあるので、約款などで確認することになる。)

コラム

外国為替証拠金取引@その特徴は

外貨預金・外貨建てMMFなど、他の外貨建て金融商品と比較した場合の特徴を挙げる。

為替レートが同一の時の、売り相場と買い相場(他の外貨商品でいう、電信買相場(TTB)と電信売相場(TTS))の差が小さい。また金利差によるスワップポイントも、他の金融商品より有利な場合が多い。
商品先物の証拠金取引と同様、損失が一定額を超えると強制的に反対売買がなされる。またそれよりも損失の小さい段階で追加証拠金の差し入れ(追証)を請求される場合もある。
多くの外貨建て商品では、米ドルを買って一定期間後に売るという取引になるが、外国為替証拠金取引では逆に米ドルを売って一定期間後に買うことも可能(いわゆる「売りから入る」)。
日本円しか持っていなくても、「米ドルを売ってユーロを買う」ことが可能。
税法上、外貨預金・外貨建てMMFの利子は利子所得(20%の源泉分離課税)となるが、外国為替証拠金取引のスワップポイントは雑所得(取引所取引は申告分離課税、店頭取引は総合課税)となる。為替差益の扱いは多くで雑所得(取引所取引は申告分離課税、外貨預金と店頭取引は総合課税、外貨MMFは非課税)。

コラム

外国為替証拠金取引って何?

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、小額の証拠金(取引額の数%〜10%程度の額。保証金ともいう。)を業者に預託し、差益決済による外国通貨の売買を行なう取引をいう。金融派生商品(「デリバティブ」)の1つ。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。

商品先物会社、証券会社などで扱われていることが多い。

本取引は、外国為替相場に関する知識や経験を要するハイリスク・ハイリターンな商品。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Powered by Seesaa